恐竜の里にも春が訪れた4月初旬、「今年もいよいよ開店!」という
OPEN前日のお店へお邪魔させていただきました。

「くろ川」の料理…。かあちゃんの味に対する探究心の賜物。常に人の意見を聞いて味を研究し、いろいろと試してみるという柔軟な姿勢。それに加え楽天的なかあちゃんとの膝を交えた会話がなんとも楽しい。これらが美味さの秘訣、再び訪れたくなる由縁でしょう。。


季節の鍋物

ススタケとこごみのごま和え
ワラビの酢の物、わさび(酒付け)

タラの芽・ふきのとう・
コンフリのてんぷら他
(あっさりして美味しい)

 
山菜の煮物、ウドとあさつきの黄身酢和え
イワナの塩焼き

イワナのお造り
 
どの食材も新鮮そのもの。お造りの横には外に咲いていた桜がさりげなく添えられてあったり、イワナの塩焼きの下には笹の葉が粋に敷かれる。うどんにネギを散らさなきゃね〜と店舗の外へ出たかと思うと…しばらくして新鮮な泥つきのネギを当たり前のように持ってくる。こんな贅沢がここ、くろ川で堪能できる。